練習レポートのご紹介・詳細 練習レポートのご紹介・詳細

サマーキッズキャンプ2018 

投稿者 野田智子 

コラム内容

こんにちは(^O^)
8月に入り、夏休みも1/3が終わってしまいましたね。
宿題の進み具合はいかがですか?

私たち
ERUTLUC (通称:バスケの家庭教師) では、「BIG 3 キャンプ」といって、春休み・夏休み・冬休みなどの長期休暇中や連休などを利用して、宿泊型のクリニックを開催しています。

バスケの家庭教師キャンプとは
http://www.basketballtutor.com/service/camp

その中でも小学校低学年を対象とした「キッズキャンプ」というものがあります。
これは、バスケットボールの楽しさを伝えるのと同時に、低学年時期に必要なスキル、身体操作をみっちり練習する宿泊型のクリニックです。


サマーキッズキャンプ 2018
http://erutluccamp.wixsite.com/summer-kids-2018

今年は2018年7月30日(月)~31日(火) 1泊2日の日程で行われました。
詳しい内容は後程HPにアップされるので、ここでは練習以外のことを書きたいと思います。

まずは、写真にあるキミョウな人物について触れなくてはいけませんね。
これは、練習後のお楽しみイベントでキーパーソンとなる人物です。
こんな人に暗闇で出会ったら、怖すぎます・・・
でも子どもたちは仲間と一緒だからか、ぜんぜん怖がりません。
むしろ「○○コーチでしょ(^O^)」とからかってきます(^_^;)

そんな中、イベントがスタート!
5、6人のグループに分かれて、コーチたちが隠した昆虫を集めるというゲームなのですが、案の定、虫大好きな男子は猛ダッシュ!!
女子が置いて行かれるという現象があちこちに・・・
しかし、昆虫を1匹ゲットすると1問あのキミョウな人物からミッションが与えられます。
そのミッションは、
「全員の誕生日を覚える」「コーチを見つけて全員で変顔の写真を撮る」など「全員で」何かをするというミッションです。
それをクリアしていく度に、グループがまとまっていくのが分かりました。
子どもってスゴイですよね。

イベントが終わって、夕飯を食べるレストランに移動するときは、男の子も女の子もごっちゃになって仲良く歩いていました。

バスケットボールの練習ももちろんすごく大切なのですが、小学校低学年のキッズキャンプでは、このような練習以外の部分での成長も大きいので、1秒たりとも目が離せません。

1泊2日のキャンプでしたが、色々と成長しましたね。
成長したところをお父さん・お母さんに見せてあげてね。



 

 

一覧に戻る

Page Top