練習レポートのご紹介・詳細

親子運動その2

投稿者 野田智子 

コラム内容

こんにちは!

朝夕の冷え込みが厳しくなってきましたが、体調はいかがですか?

今日も、先月に行われた親子運動イベントの模様をお伝えしたいと思います。

今回私が立てた目標・目的は

★親子の楽しい時間を演出する。
★自宅でも継続して行いたくなるようなものを紹介する。
★これをきっかけに、身体を動かすことが楽しいと感じ、スポーツに興味を持ってもらう。

この3点でした。

これを念頭において、いざスタート!!

まずはウォーミングアップ。
最初は簡単なグーパージャンプから始まり、徐々に手を付けたり、手と足の動きやリズムを変えて行ったりとレベルアップしていきました。
「どんなことをやるんだろう?」とドキドキしていた親子さんたちも、徐々に難しくなるグーパージャンプに、
「あれれれれ??」「なんかヘン~!!」と笑顔がこぼれ始めました。

少し身体と心がほぐれてきたところで、次はお互い押しあって「バランス崩し」です。
子どもに押されて負けてあげる優しいお父さん、子どもを本気で押してるお母さん。いろいろな対戦の仕方があって、あちらこちらで楽しそうな声があがっていました。

早くも少しお疲れモードのお母さんもいましたが、これはまだまだウォーミングアップですよ。
本番はこれからこれから!

この後はいよいよ私たちの専門分野。
ボールを使った運動です。

★ボールリアクション
(ペアが持っているボールの上に手を置き、ペアがボールを離したら落ちるボールを素早くキャッチ)
★ボール投げ上げキャッチ
(投げ上げたボールが落ちてくる間に何回拍手ができるか)
★対面パス
(手を後ろに組んでスタート。ペアがパスしてくれるボールをキャッチ)
まずはボールに慣れるため、この3種目を行いました。

この後がメインの練習なんです(^o^)/
題して

★投げ上げキャッチ・コーディネーション
こちらは風船を使います。
①Aが風船を真上に投げ上げる
②風船が空中にある間にBがボールをパス
③AはボールをキャッチしてすぐにBへパスを返す
④Aは落ちてくる風船をキャッチ

これは同時に複数のことを処理しなければならず、かつ1ヶ所だけを見ていても成功しません。
視野を広げ、同時に複数のことが出来るようになるためのトレーニングとして私たちはよく練習しています。
慣れてきたら、風船はボールに取り替えて行うと、ボールが落ちてくる速度が速いので、よりレベルアップしたトレーニングが出来ます(^.^)

この他にも、他の親子とドッキングしてグループで行うボールゲームなども行いましたよ。

最後にはみんなで大きな輪を作り、ひとつゲームをして終了しました。

楽しい時間はあっという間にすぎてしまいますね。
寂しいけれど、終わりの挨拶ををしてみなさんの顔を見ていると、ニコニコ笑顔の子、リレーで負けて悔しがってる子、汗だくだけどもっと遊びたい子、いろいろな顔がありましたが、みんなとてもいい顔をしていました。
(大人は若干お疲れ顔でしたが・・・)

やはり、スポーツは子どもを笑顔にするんだということを、改めて目の当たりにして嬉しかったし、親子で一緒にスポーツすることが何より大切だと思える良い日でした。
親子で「何をするか」はそんなに問題ではなく、
親子で「一緒にやる」ことが重要だと、参加してくれた子どもたちの笑顔が物語っていました。

ご両親が忙しいとは思いますが、毎日少しの時間でも構わないと思うので、親子で何かをする時間を作れたらいいなと感じました。

そんな時間を企画し、実現させてくれた役員の方々に大きな感謝をしたいと思います。
ステキな企画をありがとうございました。
そしてお声をかけていただき、感謝いたします。

またいつか、このような企画でご一緒できたら嬉しいです!!



 

 



 

 

一覧に戻る

Page Top