練習レポートのご紹介・詳細 練習レポートのご紹介・詳細

小学校の親子運動担当しました!

投稿者 野田智子 

コラム内容

2019.12.4

 

先日11月16日(土)に、千葉県成田市にある
小学校で行われた親子イベントを
担当してきました!!

 

当日はお天気も良く、キレイな青空の中
小学生29名とその保護者の方が参加してくれました!



この親子イベントは、
ありがたいことに今回で4回目!
毎年親子で楽しめる事をテーマに
色々なボール運動をご紹介しています。

 

みんな開始時間より早く来て
さっそく各々ボールで遊び始めています。



私たちはバスケットボールを専門としているので、
今回はちょっとバスケットボールっぽい
ボール運動を紹介しようと思い、
バスケットリングを用意して頂きました。


すると、シュートを打ち始める子どもたちが続出。
やはりあの魅惑的なリングには
ボールを入れたくなりますよね。


 

それでは時間になったので、
親子運動始めまーす!!


最初は親子で楽しめる簡単なボールを使った運動から。


やさしさ溢れるお父さんや
ちょっとスパルタなお母さん
子どもと同じように楽しんでいるお父さん・お母さん


だんだんと動きが激しくなっていき、
あちらこちらで歓声が上がります。


ここで一度ブレイク。
保護者の皆さまには休憩をしながら
子どもたちの様子を見てもらおうと思います。


子どもたちには、ちょっとバスケットっぽい動きを紹介します。


ボールを持った人は頑張ってシュートを狙いに行きます。
ボールを持っていない人はそれをなんとかジャマをします。


ドリブルはしてもしなくてもOK!
(ホントはトラベリングという反則だけど、ここでは気にしない!)



バスケットボールの楽しさは


シュートを決める事
それを頑張って阻止する事


ここにあると思います。


この親子運動で、そのバスケットボールの魅力に
たくさん触れてほしかったので
難しいドリブルなどは求めませんでした。


すると、


ちょっともじもじ恥ずかしがっていた女の子は
とっても力強く走っていき、果敢にシュートを狙っていたし、
元気な男の子たちは「もっとやりたい!!」
と、汗びっしょりの顔でおねだりして来たり。


シュートが入ったら、保護者の皆さまの大歓声!!
シュートを決めた子の顔はとっても誇らしげ!!
シュートを決められてしまった子は、とっても悔しそう・・・

 

バスケットボールの楽しさを存分に
体感してくれたようです(^-^)


私たちも見ていて本当に楽しかったです。

 

このように、普段バスケットボールをやっていない子どもたちと
大好きなバスケットができ
バスケットボールの楽しさを伝えることが出来て
本当に貴重な素晴らしい時間でした。



このような時間を作っていただき、
関係者の皆さまには感謝しかありません。


ありがとうございました!!
また来年、皆さまにお会い出来たら嬉しいです(^O^)/


来年はもっと保護者の皆さまの出番を増やそうかなと
思っております(^-^)

 

 

一覧に戻る