練習レポートのご紹介・詳細 練習レポートのご紹介・詳細

秩父チャレンジキャンプ ~最終日編~

投稿者 野田智子 

コラム内容

さあ、朝が来ました。
2日目の始まりです。

みんな起きているかな?


男の子部屋を見に行くと・・・

みんなぐっすり寝てるーーー!!

コーチが部屋のど真ん中で

「朝だよーーー!!起きてーーー!!」

と叫んでも、ビクとも動きません。

どれだけ眠りが深いのですかっ!



なんとかみんなを起床させ
朝さんぽに出かけました。

何度も写真に登場する、
あの怪獣?恐竜?のいる公園です。


さっそく恐竜と戦う子
なんとなく遠巻きに眺めている子
展望台に登ってはしゃいでいる子
さらに奥へと探検に出かける子

さまざまです。


小さな公園ですが、奥の方には
ちょっと山を登るような形で
見晴らし台に行けるようになっていたので
レッツ・ミニ登山!

上からはちょっとした雲海のようなものが見えました。
キレイな景色に感動・・・

 

さて朝さんぽから戻ったら朝食です。
昨日の夕飯の学習を生かして
スムーズに準備が出来ました。
すごい学習能力!


そして午前のバスケット練習に
向かうので荷物をまとめます。


ここが一番の大仕事
といっても過言ではないと思います。


もうお部屋には戻ってこないので
・バスケットの練習用荷物を準備
・持ってきたもの全てをパッキング

どちらもやらなければなりません。

 

みんな頑張って自分で荷物を詰めています。
いいぞいいぞ!!


「終わったー」


カバンのチャックが閉まっていて
キレイにパッキングされている物も
一度チェックします。


チャックを開けると・・・

ほとんどの子がキレイに
パッキング出来ていました(^-^)

中には、ズボンが椅子の上に
置き去りにされていたり
タオルがお友達の荷物にお邪魔していたリ。

そんな物もありましたが
ほとんどの子が自分一人で
荷造りをやりきりました!!


「コーチ、チェックお願いします。」

そう言ってくるみんなの顔は
どことなく自信に満ち溢れていて
ちょっぴり成長した顔をしていました。

 

頑張って詰めた荷物を預けて
バスケットの練習に向かいます。


練習中は日常生活の疲れも見せずに
ガンガン練習していました。


集合やコーチの話を聞く態度も
1日目よりぐんっと良くなっていて
何か成長がスゴイです。


バスケットの練習後
まだまだお楽しみは続きます。


体育館からの帰り道、
送迎バスの運転手さんが
ダムの見学に連れて行ってくれました。
そこでもらったダムカード、
大事に取っておいてね。
運転手さんステキな時間を
ありがとうございました!!



あと残されたイベントは洞窟探検です。


暗い洞窟を怖がることもなく
どんどん進んでいく子どもたち。


狭く低い天井に手こずるコーチ達を
心配してくれます。

「コーチ、ここ狭いよ。気を付けてね」
「ここから階段だよ!」
などと案内してくれます。


みんな頼もしい!!

 

そして洞窟探検が終わり
とうとうお別れの時間がやってきました。




秩父駅にご家族の方が迎えに来ている子は
ここで解散です。


お父さんお母さんの顔を見たら
泣いちゃったりするのかな?


と思って見ていたら、
ちょっと違うところから
「うわーーーん!!」
と大きな泣き声が。

誰かな?

と思ったら
キャンプに参加してくれた子の
弟クンでした!


2日間もお姉ちゃんたちに会えなくて
寂しかったのだそうです。

それを見てコーチ達もウルっと
きちゃいました。


でもそれ以上に
私がウルっときたのは
2年生のSクン。


端っこの方で隠れて泣いています。
「どうしたの?」
と聞いたら
「みんなとお別れするのが悲しい」
と。


Sクンは、物静かで最初は人見知りして
あまりコーチやみんなと
おしゃべりをしなかったのですが、
この2日間で笑顔が増え、
積極的にお手伝いをし
バスケの試合中には
どんどん1対1をしてシュートを狙ったりと
とっても変化が見られた子でした。


私の中でも印象が強く残りましたが
Sクンも同じように感じていてくれたんだなと
思い、胸アツでした。

 

子どもたちの成長が
ビシビシ伝わってくる
チャレンジキャンプ


またみんなと一緒に
行けたら良いな。


次はどこに行こうかな?

 

 

 

 

 

一覧に戻る

Page Top