練習レポートのご紹介・詳細 練習レポートのご紹介・詳細

おすすめウォーミングアップ

投稿者 野田智子 

コラム内容

2019.10.9(水)

 

こんにちは。

段々と涼しさが進んできて、スポーツをするには
気持ちの良い季節になってきましたね。



今日は、練習風景を動画で撮影してみました。
良かったら、動画をどうぞ!!


▼コロコロ四つ足ダッシュ
https://youtu.be/3GJlE2PmlUw



 

動画は小学校低学年のクラスで行った
ウォーミングアップでの一コマです。

 

私は4本足でダッシュするという事を
子どもたちの練習に良く取り組みます。

 

最近の子ども達はハイハイの時期が短く、
わりとすぐに二足歩行をする傾向があります。

これは日本のお家の間取り事情が少なくとも
影響しているのではないかと考えられています。

どうしても日本のお家は部屋が狭く、
家具や壁、柱など赤ちゃんがつかまる物が
近くにあり、少しの移動で触れてしまいます。

そうすると、必然的にハイハイの距離が短くなってしまい
つかまり立ちが早まってしまいます。


ハイハイには素晴らしい意味があって、

・腕で体幹を支えることによって得られる肩回り・背骨の強さの獲得
・体幹の強さの獲得
・上半身と下半身の連動性

などなど・・・


なので、あえてこの練習を取り入れるのです。


 

そして、この練習はただ4本足ダッシュをしただけではありません。


体育館の一番奥で行っている男の子に注目してほしいです。


この男の子は、転がっているボールに手や足がぶつからないように
上手く身体の位置をコントロールしながら
ボールと同じスピードで進んでいます。


これは

ボールと自分の身体の位置関係を知る

という能力を刺激しています。



この能力が未発達だと、

・ボールの落下点が分からずロングパスがキャッチできない。
・リバウンドの位置が分からない

などが起こってしまうかもしれません。



子どもの運動能力の基本は

『コーディネーション能力』

と言い、全部で7つに分類されますが、
ボールと自分の位置関係を知る能力の事を

定位能力

と言います。


楽しく遊びの延長のような練習を通して
コーディネーション能力が刺激されるような物を
練習最初のウォーミングアップで行い、
子ども達がもともと持っている
運動能力を底上げしながら
バスケットボールを練習しています。


これからも、運動能力に刺激をあたえる
練習をたくさん考えていこうと思います!!


 

 

 

一覧に戻る

Page Top