練習レポートのご紹介・詳細 練習レポートのご紹介・詳細

伊豆大島に行ってきました!!

投稿者 加賀屋圭子 

コラム内容

今年のGWは、伊豆大島トレジャーキャンプを開催しました!!!

小学校低学年の子どもたちと、竹芝桟橋を出発!
バスケットボールの練習をしたり、大自然を満喫したり、、、 本当に言い尽くせないほどの思い出がいっぱいになりました。

小学2年生〜4年生、全員で17名のメンバー。
家族と離れて不安も多かったと思いますが、みんな本当に頑張ってくれましたね。
そんな中、今回は私たち指導員も子どもたちから学びました。

小学2年生〜4年生、とにかく「ヒマ」が大嫌いです。
大人だと、少し時間があくと「ちょっと一息つくか」とか、「のんびりしてよ〜」なんて思うことも多いですが、子どもは大違い!
少しでも時間があくと、「何すればいいの〜?」コールが!!

そして、宿泊部屋での騒ぎ声が、、、、
楽しくなってしまうのはわかる!!
でもここは体育館とは違うし、使っているのは自分たちだけではないから、ちゃんと周りの人のことも考えよう。と根気よく伝えていきました。

そんな中、食事配膳の成長も見られました。
最初は座ってボーッとしているだけだったのが、お味噌汁を運ぶのを手伝ってくれたり、作業分担したりと、スムーズに!
これはもっとできそうだ、ということで緊急班長会議!!!
班長たちにコーチ部屋に来てもらって伝えました。
「君たちの自分たちで準備する力が上がっていて素晴らしい!なのでみんなを信頼して、食事の配膳のとき、コーチたちはその場に行かずに部屋で待っててみようと思う。食事の準備ができたら呼び出しに来てくれるかな?」
と聞き、答えはイエス!

そして班ごとに役割分担しはじめ、そして班長が各班につたえて、、、 さっきまでの大騒ぎがすぐに無くなりました。
ここで学んだのが、子どもたちを子ども扱いして、「ああしなさい」「こうしてほしい」ではなく、「信頼して任せる」ということの大切さでした。
班長中心にテキパキと行動!
そして、「明日の朝ごはんも任せてください!」とか、
「集合時間とかも把握しておきたい!」とか、そういう質問が来てジーンと来てしまいましたね、、、

協力して頑張ればできるラインを見極めて、信頼して任せること、この力をもっとつけていこうと思った伊豆大島キャンプでした!!

あ、もちろんバスケも充実した練習をしましたよ(^^)v
機会があればまた書きますね。
伊豆大島キャンプのレポートも作成中、、、



2019.5.8
 

 

一覧に戻る

Page Top