子どもの可能性を伸ばすスポーツ

スポーツを通して大きく成長する子どもたち

[画像]スポーツを通して大きく成長する子どもたち

子どものスポーツ教育に力を入れている「ERUTLUC」では、成長著しい幼少期(2~12歳)の子どもが習い事としてスポーツをすることに大きな意義があると考えています。
スポーツによって養われるのは、体力だけではありません。
相手への敬意や思いやりの気持ちを学んだり、チームプレーを通して仲間と協力することの楽しさを感じたりすることで、心の成長も期待できます。

こちらのページでは、そうした子どもの成長を助ける“スポーツの持つ力”についてご紹介します。

スポーツがもたらす子どもの成長

幼少期の子どもがスポーツを習うことの利点は、大きく「体の成長」と「心の成長」に分けられます。

スポーツによる体の成長と効果

[画像]スポーツによる体の成長と効果

運動することによって全身の骨や筋肉が刺激され、正しい成長や発達を促します。
つまり幼少期の子どもにとってスポーツは、成長の起爆剤となる可能性を秘めているのです。

「サッカーをやったら足が速くなる」「バスケットボールをやったら背が高くなる」とはよく言われますが、これは「走る」「跳ぶ」といった基本動作がそのスポーツに適した骨や筋肉の成長を促しているからだといえます。
実際にスポーツを行うことで以下のような体の成長と効果が期待できます。

スポーツによって促される変化

  • 骨の成長
  • 筋肉の発達
  • 体力の向上
  • 運動能力の発達
  • 心肺機能の強化
→

もたらされる効果

  • 骨格がしっかりし、丈夫な体つきになる
  • 力が強くなり、全身の筋力が上がる
  • 基礎体力がつき、疲労回復力が上がる
  • 危機回避能力が上がる
  • 呼吸器の病気にかかりにくくなる

子どもの成長には個人差がありますが、幼少期にスポーツを習うことで体の成長にポジティブな影響を与えることは間違いありません。
何のスポーツをするかは問いませんが、丈夫で病気に負けない元気な子どもに育てるためには、小さいころからスポーツに慣れ親しむ環境を整えることが重要となります。

スポーツによる心の成長と効果

スポーツが子どもに与える影響として、心理面への効果も注目すべきところです。
「スポーツは体を動かすもの」とお考えの方も多いかもしれませんが、ほかの友達と一緒に過ごすことで共同生活に慣れたり、協調性を身につけたりできるなど、人間的な成長も期待できます。

心を養うという点に関しては、どのようなスポーツでもかまいません。
子どもが望んだものや、お友だちが習っていて興味が湧いたスポーツをやらせてみるといいでしょう。
どの競技を選んでも、子どもはスポーツを通して、主に次の3つを習得します。

1.勇気、2.自信、3.行動力

↓

「勇気」「自信」「行動力」を得ることで

  • 早いうちから自立した考えを持つようになる
  • 社会への適応力が養われ、学校での交友関係が広がる
  • 自分自身を好きになり、ポジティブな思考になる

運動不足による体力の低下とその影響

現代の子どもたちは、保護者の世代に比べて体力が著しく低下しているといわれています。
こどもたちの体力が落ちている要因は、以下のように考えられます。

子どもの体力が低下している要因

  • 体を動かして遊べる広く安全な場所が減った
  • ゲームなどの娯楽が増え、外で遊ばないシーンが増えた
  • 塾などに割かれる時間が増え、外で遊ぶ時間がなくなった
  • 少子化によって、兄弟や友達など身近な遊び相手が少なくなった

体力低下によって考えられる懸念事項

「子どもが外で遊ばなくなった」「昔に比べて軟弱な子どもが増えた」というような話を耳にします。
実際に子どもの体力が下がるとどのようなデメリットがあるのでしょうか。
単に運動能力の低下だけではすまない、運動不足による4つの危険性をご紹介します。

1.筋力や神経系の未発達 2.平衡感覚・瞬発力・持久力の欠如
運動と無縁の日々を過ごすことで基礎体力のない子どもが増えてきています。すぐに「疲れた」とよくいう子どもは要注意です。 体力だけでなく、平衡感覚や瞬発力、持久力も低下しています。日常生活の一部に支障がでることもあります。
3.運動に適さない体質 4. 怪我や病気をしやすい体になる
運動を行わないことで筋肉が発達せず、運動に不向きな体になります。動かした際に筋などを痛め、けがをする確率も上がります。 体力の低下によって、運動不足な生活になりやすく、その結果肥満傾向になりやすくなってしまいます。
骨も丈夫にならないので、怪我をしやすい体になってしまいます。

体力向上へ取り組むべき課題

子どもが運動不足にならないために、大人たちは何をすべきなのでしょうか。
地域や自治体なども含めた大きな取り組みと個人レベルでできる小さな取り組みの2パターンが考えられます。

地域や自治体レベルでの取り組み

  • 体を動かせる内容の授業時間を増やす
  • 公園など子どもたちが安全に体を動かせる場所を増やす
  • 授業や地域活動を通して運動の大切さを教える
  • 放課後に好きなスポーツができる環境を整える

個人レベルでの取り組み

  • 保護者が積極的に子どもと外で遊ぶようにする
  • 体を動かさない遊びに時間的制限を設けるようにする
  • 習い事としてスポーツをやらせる

地域や自治体レベルで動いてくれればそれに越したことはありませんが、皆さんにできることは限られています。
よって、個人レベルでできる取り組みによって、周囲の大人が子どもにスポーツのできる環境を整えてあげることが現実的といえるでしょう。

ただし、両親ともに働いているご家庭も多い状況で、なかなか子どもと一緒に運動する時間がとれないのが現実ではないでしょうか? 子どもたちだけの外遊びも、物騒なニュースを見たりすると不安が大きくなるのも事実。 そのような環境では、子どものスポーツの専門家がいるスポーツ教室に通わせることをお勧めします!

子どもたちの安全の確保と同時に、多くの成長を得ることができるメリットがあります。 そして何より、自分の大好きなことに取り組んでいるエネルギッシュなお兄さん、お姉さんと触れ合うことで、子どもたちは自然とたくさんのポジティブな影響を受けることでしょう。 少子化の問題が叫ばれていますが、兄弟が少ない子にとって、スポーツ教室で出会う友達はもちろん、親や先生とは違うお兄さんお姉さんのコーチ達は非常に貴重な存在になるのです。

ERUTLUCでは、子どもの成長にあわせた指導をご提供します。
初めてスポーツを子どもに習わせたいとお考えの方は、一度ご連絡ください。
最適な指導法をご提案します。

【Learn】体験・体感を通じた学びを スポーツが教えてくれること

【POINT1】最高の自分を目指してベストを尽くす
[画像]最高の自分を目指してベストを尽くす
ジョン・ウッデン氏が考案した「成功のピラミッド」をもとに、子どもたちがスポーツを通してどのように成長していくのかをご紹介
【POINT2】チームスポーツで培うコミュニケーション力
[画像]チームスポーツで培うコミュニケーション力
勝ち負けをこえて、子どもたちがコミュニケーションを通じて、お互いを高め合う関係を築いていく過程をご紹介
【POINT3】スポーツの動きを通した記憶力・体感力
[画像]スポーツの動きを通した記憶力・体感力
実際に体を動かすことを通じて、ゲームや勉強だけでは習得できない、体験に基づく力の獲得をご紹介

Page Top