真剣に向き合ってくれる指導者との出会いスポーツを通して人生の糧となる経験を

【Question】まずは子どものスポーツ・習い事の疑問を解決!

【Learn】体験・体感を通じた学びを スポーツが教えてくれること

【POINT1】最高の自分を目指してベストを尽くす
[画像]最高の自分を目指してベストを尽くす
ジョン・ウッデン氏が考案した「成功のピラミッド」をもとに、子どもたちがスポーツを通してどのように成長していくのかをご紹介
【POINT2】チームスポーツで培うコミュニケーション力
[画像]チームスポーツで培うコミュニケーション力
勝ち負けをこえて、子どもたちがコミュニケーションを通じて、お互いを高め合う関係を築いていく過程をご紹介
【POINT3】スポーツの動きを通した記憶力・体感力
[画像]スポーツの動きを通した記憶力・体感力
実際に体を動かすことを通じて、ゲームや勉強だけでは習得できない、体験に基づく力の獲得をご紹介

【Voice】子どもたちの声・バスケットボール教室の練習レポート

すべての練習レポートを見る

【スポーツ体験を通じた、一生の糧となる学びの機会を】ERUTLUCバスケットボール教室

[画像]ERUTLUCバスケットボール教室

子どものスポーツ・習い事についてお考えの方へ

子どもに初めての習い事をさせたいとお考えの皆さん、子どものスポーツ教育に力を入れている「Kid’s習い事・スポーツGuide」のホームページへようこそ。当ホームページを管理するERUTLUCでは、スポーツのチカラを通して子どもの心身両面の成長をサポートすることを使命とし、バスケットボール教室などスポーツを普及する活動を行っています。こちらでは「何か習い事を始めさせたい」「習い事をさせるならやっぱりスポーツ」とお考えの保護者の方に向けて、子どもに スポーツを習わせる前に押さえておきたい基礎情報をご紹介します。

どのスポーツを習うかは重要ではありません

子どもの習い事について考える際に「どのスポーツにしよう」とお悩みの方も多くいらっしゃるかもしれません。ただ、もっとも重要なことはどのスポーツを選ぶかではなく、子どもの指導に対して情熱を持ったスタッフがいるスクールや少年団であるかということです。スタッフが「この子にとってベストな指導をしてあげたい」という情熱を持って子どもと向き合ってくれるかどうかは、子どもの成長を考えるうえでも重要だといえます。

子どもの自主性や楽しむ姿勢を大切に

習い事を決める前に保護者の方には、注意していただきたい点が一つあります。それは、子どもに無理をさせることだけは絶対にしないでほしいということです。幼少期(2~12歳)の子どもは、急成長を遂げています。スポンジの様にさまざまなことを吸収できる時期なだけに、自主性や楽しむ姿勢を尊重してあげましょう。そうすることで、子どもはかけがえのない経験を得ることもできるかもしれません。保護者の方が頭ごなしにしかったり、無理矢理やらせたりすることは子どもの成長にはつながらないと考えています。

Page Top